158のベランダ

タニク植物と暮らす

お花の日

昨日はお花の日

着いてすぐ先生が、

「今日はテストしますよー。

“たてるかたち”の確認です。」と。

 

前から、「そのうちテストしますよ。」って言われてはいたのだけど。

 

いつもは、お花がくるんである新聞紙を開けて、

今日は主がどれで、

客がどれで、

主はこの長さに切って、

客はここで・・・と、

先生の言う通りに活けていくのですけど、

昨日は、

「今日の場合は、

主がグラジオラスで、客がヒマワリになるといいわね。」

とだけ言われて始まりました。

ちなみに、制限時間は35分。

f:id:totoca:20180712132334j:plain

“たてるかたち”は最初の頃やっていたかたちで、

決まりも、まぁ大体わかってはいるんけど。

 

グラジオラスの平たいはっぱがね、、、

もうすでに苦手意識があるのです。

最初の頃に一度、こうゆう平たい葉っぱのお花をやったんだけど、

それがよくわからなかったんだよねー・・・

f:id:totoca:20180712132351j:plain

グラジオラスは2本あるので、

どっちを主にするのか、

長さはどのくらいか、

自分で決めて切っていくのは、

初めてだったので勇気がいりました。

 

私の気持ちとは関係なく、

お花は穏やかに咲いておりますが・・・

f:id:totoca:20180712132358j:plain

とまぁ、そんなこんなで迷いながらなんとか活け終えて、

先生にみてもらう時間になりました。

 

「決まりが守れているからそこは大丈夫よ、

言うことなしなの。」

ちょっと褒められた?な〜んて思ったのもつかの間、

「でもね・・・、」と続き・・・

 

グラジオラスの活け方とか、

平たい葉っぱの活け方とか、

「ここはこうなるといいわね」と言いながら、

たくさん直してもらいました。

f:id:totoca:20180712132408j:plain

平たい葉っぱは、相変わらずよくわからなかったけど・・・(*´∀`*)f:id:totoca:20180712132414j:plain

初めて一人で活けてみて、

決まりはあるけど、その範囲の中で、

自由に活けれるってちょっとおもしろいかもー

って思いました。

 

それにしても、大人になっても、

“テスト”って言われると、

緊張するものですね〜