158センチ

タニク植物と暮らしのあれこれ

嫌われる勇気と心屋さん

この本の内容、全部理解できてるの?と聞かれたら、

まだ「はい!」とは言えないですけど、

だってまだちょっと難しいところがあるんだもん・・・(。-_-。)

これからも、悩んだり迷ったりした時に、

ヒントをくれるであろう一冊です。

 

キンドル版で購入して、3回くらいは読みました。

でも、これからも繰り返し読みたいなーと思ったので

本を買いました。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

人からどう思われるか、とか、

恥ずかしくないように、とか、

嫌われないように、とか、

常識的に考えて、とか、

気にしてばかりいた私は、

この表紙の文字にドキッとします・・・笑

f:id:totoca:20180720142344j:plain

で、話は変わりますが、

今日は、今からこれに行きます。↓

f:id:totoca:20180720142349j:plain

心屋さんの本やブログはよく読むし、

ポッドキャストを聞いたりもします。

静岡にいた頃には、Beトレっていうのにも数回行きました。

 

もっと前は、心屋さんの本は読めなかったというか、

こんなの絶対無理、って思ってたんですけどねー

ここ1年くらいいろいろなことがあった中で、

これまでの自分の経験や、

自分の常識みたいなものの中にいては、

乗り越えられなかったので、

ずいぶん救われたというか、

ヒントをもらったというか。

 

で、この心屋さんの言っていることと、

この「嫌われる勇気」で言っていることは、

重なるなーって、私は思っていまして、

どっちも好きなのです・・・(о´∀`о)

 

自分のことを大事にしよう、と思えるようになったのも、

この考えにふれられたからこそだなーと思う。

 

これまでぽいぽいと捨てて、

見ないようにしてきた嫌な自分を、

戻っておいでー、

捨ててごめんねー、

嫌ってごめんねー、

と、拾い上げて自分の中に戻します。

 

醜い自分も

汚い自分も

ずるい自分も

弱い自分も

嫌な自分も、

全部ひっくるめて私です。

 

これでいいのかなって思うし、

なんだかなーって日もあるし、

まだまだジタバタしてますけど・・・

これでいいのだ!

 

ってことで、

行ってきますーー